• 状態をみる歯科医
  • 歯科器具
レントゲンを見る歯科医

審美歯科のホワイトニング治療は、基本的には誰でも受けられますが、一部治療が受けられない方もいます。
ここでは、ホワイトニング治療に適していない、施術できない対象の方についてご紹介します。

まず妊娠中の方はホワイトニング治療は避けた方が良いです。妊娠をしていると、体内のホルモンバランスが正常ではないため、体調も万全な状態ではありません。
こうした治療というのは、まず体調が万全である事が第一の条件として挙げられます。

次に、虫歯や歯周病がある方は、ホワイトニング治療に適していません。ホワイトニング治療に使用する特殊な薬剤によって、虫歯をより悪化させてしまう恐れがあります。
ホワイトニング治療を受けるのであれば、まずは虫歯、歯周病を完治させ、歯の状態を万全にしてから受けます。

次に、歯並びが悪い方もホワイトニング治療に適していません。オフィスホワイトニングであれば、歯科医師の技術によって治療は受けられますが、ホームホワイトニングの場合、マウスピースを装着して治療を行うので、歯並びが極端に悪いと、マウスピース作製ができない可能性があります。
歯列矯正をし、歯並びをキレイに整えた状態であれば、ホームホワイトニングでも治療は進められます。

状態をみる歯科医

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べて歯を白くさせるまでの期間が長いです。
効果をより早めに発揮させる為には、ホワイトニング治療期間中は歯に着色してしまう飲食物を控える (さらに…)

歯科器具

ホワイトニング治療を受ければ、歯が白く美しくなり、見た目の印象も良くなるというメリットが得られます。
ホームホワイトニングといった自宅でも簡単に治療が行える方法もあるので、審美歯科まで通う (さらに…)